LINE Messaging API

LINE Messaging APIのリッチメニュー機能を実装してみました

LINE DEVELOPER DAY 2017にて発表された、リッチメニューを制御するAPIが23日に公開されました。
ユーザーごとにメニューを出し分けたり、リッチメニューを解除(テキストフィールドを表示)したりすることが可能です。

検証用のアカウントにこの機能を実装してみましたので、ご紹介します。
【2017/11/02 15:30追記】
公開アカウントに実装しました! → @niftyアルバイト 公式アカウント

続きを読む