AWS Summit Tokyo 2019で「リフト&シフトから始めるレガシー脱却への挑戦~大規模コンテンツ配信サービスの移行実例~」というタイトルで登壇しました

こんにちは!

WEBサービス開発グループで入社3年目の添野です。

6/12(水)〜 6/14(金)に幕張メッセにて開催された「AWS Summit Tokyo 2019」に参加された皆様、お疲れ様でした。

本イベントにて基調講演として前島が、お客様事例として伊達と添野が登壇させていただきましたので、本記事では話した内容について書きたいと思います。

「AWS Summit Tokyo 2019」とは

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の主催で、AWSのサービスの基礎知識から他社事例の紹介、そしてre:Mixなど楽しめるセッションなど様々なものがあったイベントでした。

また会場内には認定者ラウンジというAWS認定資格を取得した者だけが入ることができる特別なスペースがありました。ラウンジ専用のWi-Fiがあるなど、そのスペースは快適でした。その他にはAWS DeepRacerのサーキットなどが色々とありましたが、詳細につきましてはこちらのページもあわせてご確認ください。

登壇内容について

前島が登壇しましたDay1の基調講演につきましては、こちらのページに動画がアップロードされておりますのでご確認ください。

伊達と添野は「リフト&シフトから始めるレガシー脱却への挑戦~大規模コンテンツ配信サービスの移行実例~」のタイトルでDay2の16:00からのセッションにて登壇してきました。
ニフティとしてAWSへの取り組み、またサービス事例として@niftyニュースのAWS移行事例をご紹介いたしました。
なお前回のイベントよりも内容を加筆、ブラッシュアップさせております。
詳細は以下のスライドをご確認ください。

ニフティとしてAWSへの取り組み

  • ニフティのサービス紹介
  • 移行にあたってクラウドベンダーの比較
  • ニフティ全体でのAWS移行プロジェクトについて
  • AWSを扱える人材の育成
  • 今後の展望

ニュースのAWS移行

  • @niftyニュースのご紹介
  • @niftyニュースのAWS移行プロジェクトについて
  • @niftyニュースのAWS移行プロジェクトでハマった3つのポイント
  • AWSで良かったこと
  • @niftyニュースのAWS移行プロジェクト完了後

補足

発表に用いたスライドの中では、CloudEndureのライセンス料金を399USD/台と記載しておりますが、無料で使用できるようになったようです。
詳細はこちらのページをご確認ください。

おわりに

対外発表は今回で2回目となりましたが、前回よりも規模が大きく、またDay1の基調講演の反響もあってなのかありがたいことにほぼ満員で、発表当日は大分緊張しました。またスライド作りや発表ではとても勉強になりました。

このような場を用意していただいた運営の皆様、ありがとうございました!

チームニフティ


(左からニフティ 杉村、ニフティ 伊達、ニフティ 前島、ニフティ 添野)

最後に、ニフティではエンジニアを募集しています!

AWSのサービスを使って何かのモノを作ってみたい方、一緒に働いてみたい方は、ぜひ採用情報をご確認ください。