若手メンバーで2泊3日のハッカソン合宿@おんやど恵に行ってきました!

ニフティ改めニフティライフスタイル の中野です。

近年、ニフティのWebサービス事業部では、若手メンバーのスキルアップを目的とした「エンジニア定例」※ という取り組みを行っています。

その取り組みの一環で、昨年の 「若手メンバーで2泊3日のハッカソン合宿@土善旅館に行ってきました!」 に引き続き、今年も2泊3日のハッカソンを実施しましたので、ご紹介します。

※ エンジニア定例

内製力強化を目的としてWeb技術を学ぶ会

  • WEBサービスを開発する上で必要なスキルを体系だって学ぶ
  • 1人で1からWebサービスを作れるようになる
  • 業務では関わりづらい分野にも積極的に取り込んでいく
  • 何よりも楽しむ

概要

目的

エンジニア定例で学んだことを生かしながら実際に手を動かしてサービスを作り上げる。

スケジュール

1日目 13:00~18:00 開発
18:00~19:00 夕食
19:00~ 開発
2日目 09:00~12:00 開発
12:00~13:00 昼食
13:00~18:00 開発
18:00~19:00 夕食
19:00~ 開発
3日目 09:00~11:00 発表準備
11:00~12:00 発表・ふりかえり

参加者

  • ハッカソン
    • エンジニア4名
    • 非エンジニア5名
  • 運営/開発サポート
    • エンジニア4名
  • 監督
    • エンジニアスペシャリスト1名

場所

湯河原温泉旅館 おんやど恵さん
http://www.onyadomegumi.co.jp/

レポート

1日目

東京駅に集合して踊り子号で湯河原駅へ。

宿に着いたら温泉を横目にさっそく準備開始です。
開発合宿プランということで、wifiはもちろんホワイトボードや電源タップを利用できるのがありがたいですね。

まずはそれぞれのチームで、事前に行ったアイデアソンで決めたサービス内容を再確認してから作業開始です。

夜ごはんは広いお座敷で頂きました。

食後は開発部屋に戻って作業再開です。
湯河原の温泉宿ということで、開発で疲れた頭と身体にお風呂の癒し効果が半端無かったです。

2日目

おはようございます。朝の気持ちいい空気をすって2日目の開発開始です。

足湯開発めっちゃ捗る。

昨年と同じく2泊3日の構成で翌日の3日目はほぼ発表のみのため、最後の追い込みはかなり遅くまで続きました。

3日目

最終日は少し準備をしたあと発表会です。
今回のハッカソンでは、身近な社内の課題を解決するサービスを製作しました。

一チーム目は、気軽に疑問を投稿できる質問掲示板のサービス。

二チーム目は、社内の技術書を簡単に登録して管理できるサービス。

三チーム目は、社員の担当システムや趣味を閲覧できるサービス。

発表後は再びチームに分かれてふりかえりを行いました。
2泊3日の短い期間でしたが、多くのメンバーが具体的な成長を感じられたようで、運営チームとしては感無量でした。

おわりに

「エンジニア定例」の集大成として、半年間学んできたことを生かして少人数・短期間で1からサービスを作ることができました。

今回は昨年度までと異なる新しい試みとして、普段の業務ではWEBサービスの企画を担当しているベテランメンバーや、ニフティのもう一つの大きなサービスであるISP事業からのメンバー参加もあったことで、より多様で実り多いハッカソンになったと感じています。

また、毎年の「エンジニア定例」で開発サポートや運営メンバーの層が厚くなったことで、すきま時間を使って機械学習にチャレンジすることもできました。
(この取り組みは、開発サポートの一人で日本ディープラーニング協会のジェネラリスト資格保有者でもある清水さんの提案によるものです。)

最後に、快適な開発環境を提供してくださったおんやど恵さんありがとうございました。

次回以降、各チームの記事を公開していきますので、お楽しみに!